© 2020 Daphnia Innovation Lab / designattempt

Gap between platform and train / ホームと列車の隙間について

June 28, 2016

A station in my neighborhood has curved platforms that are unsafe for handicapped passengers (especially visually impaired people in rush hours) when to get on and off trains due to the large gap (approx. 300mm) between the platforms and trains, while transporting facilities nowadays have been rapidly updated to accessible. Currently, a station attendant is deployed to observe passenger's safety, but it still seems so dangerous because people believe safe accessibility is already secured along guidelines around this area in Tokyo. Sometimes we see station attendants help handicapped passengers one by one with boarding slopes, but unrealistic to provide safety to all passengers in this way.

I tried to devise the solution before, but failed because of cost and difficulties due to technical conditions. For example, the dimension of the gap is not fixed because the suspension changes the car's positioning according to the train speed (express trains pass the station fast) and the load. Another line "Tokyu Railways" took a measure to set rubber-comb blocks at the gaps between the train doors and the platforms, however, it doesn't seem enough as there still be large clearance that is technically required. If you know good solutions or have good ideas for this problem for safe accessibility, I'd appreciate your kind information. Although I'm not in the position to adopt the solution to the railway companies, I'd try to introduce the solution to them for social welfare. (If you could get profit, it's also preferable.)

 

私の近所の京王線の駅のホームは湾曲しているため、列車の扉との間に300mm程の大きな隙間ができ、視覚障害者の方を始めとして、ラッシュの際は特に、乗降の際非常に危険だと感じていました。

ホーム全体を見渡しやすい位置に駅員さんが監視できる場所がありますが、完全に事故を予防するのは非常に困難と思われますし、バリアフリーに整備され安心して出歩きやすくなってきた昨今の東京では、こういった部分は予想外となり、文字通り落とし穴になるのではないかと思います。駅員さんがスロープを設置して車椅子の方の乗降をサポートする光景は見かけますが、全ての乗客にこういった対応ができるわけではありません。

以前、安全対策案を考えてみた事がありますが、現実的なコストや技術的な問題(例えば、列車はサスペンションにより、速度や荷重条件によってホームとの隙間が変化するので、(法令等の制限でも)ある程度のクリアランスは必要となる)により、良い案は纏まりませんでした。

これに対し、東急線ではホームの湾曲部の車両の扉との間に櫛形のゴムブロックを設置しているのを見た事がありますが、それでも残った大きなクリアランスや材料の強度などによりまだまだ危険なのではないかと思いました。

良い解決策があれば、社会の安全につながると思いますので、「これは!?」というアイデアありましたら提案してみてはいかがでしょうか。また、提案に関してこちらでご協力できる事ありましたらご連絡ください。

 

 

Please reload

日本語用サイトメニュー

こちらです